自分でおもちゃを作る

子供の創造力をつけさせたいのであれば、自分でおもちゃを作らせて遊ぶという方法が適しています。

自分でおもちゃを作る

自分でおもちゃを作る テレビの特撮ヒーローやアニメの存在でそれに関わったグッズやおもちゃが扱われるようになっています。それらは箱を開けたらすぐに遊ぶことができるので手軽に楽しむことができます。ただ、それらは既に出来上がったものなので、これに頼った遊び方は子どもの創造力が育たなくなるという短所もはらんでいます。自分で考えて新しいものを作り出す力をつけさせたいのであれば、自分でおもちゃを作らせて遊ぶという方法が適しています。

アニメを扱ったそれにはプラモデルや車の模型といった、自分で作らせて遊ぶというものも存在し、これでも創造力を養わせることが可能です。しかし、身の回りのものを使って自分で作るほうがもっとそれが身につきます。身の回りのものを使って車を作るにしてもタイヤの部分はどのように作るべきか、車体のデザインはどのような形にするか、いろいろ考えられ、またそれは頭を使うことになるので脳が活性化されます。作る時に失敗も何度か経験することになるので、それの対処をする力もつきます。

どのおもちゃを作りたいのか、思い浮かばない時にはその関連本を読ませたり、テレビ番組を見せたりしてヒントを得るのも手です。子どもの教育のためには自力で作らせたほうがいいです。